記事一覧

第2回サムルノリハンマダン 広島で開催

10月15日広島市西区民センターにて第二回サムルノリハンマダン(主催:平和統一聯合 後援:忠清北道文化財団 協賛:高麗国学社)が開かれました。
昨年の、第一回大会は日韓国交正常化50周年を記念して日韓友好と文化交流の一環で文化庁の協賛マークも得て、東京にて7チームの参加をもって行われましたが、今年は全国から8チームが参加しての大会になりました。特に、今回は韓国から「モルゲ」というプロのサムルノリチームが参加して特別公演も行われるという、より意義深い行事となりました。また、モルゲの団長である李栄光先生によるワークショップも行われ、参加者は李先生から直接指導を受けるという貴重な時間を過ごしました。
参加チームは東京(ノウルジリ)、埼玉(チョンソル青松)、大阪(ハンウリ)、香川(アラリヨ)、愛媛(松前サムルノリ)、広島(六方学園 韓国伝統打楽器演奏クラブ)広島(広島サムルノリ団ハンソリ)岡山(天舞)が日頃の実力を発表しました。
また会場には在日韓国・朝鮮人の方々も数多く参加していて、久しぶりに触れる祖国の可楽に興奮し、より一層会場が盛り上がりました。

ピナリ

ピナリ

イベントのオープニングはモルゲによるピナリ(天地創造、韓国の国家の始まりや、厄を呼び出して払う、財産や玉のような幸せ、愛を願う祈りを捧げる)で幕を開け、金榮翯会長の主催者挨拶、来賓紹介の後、金寅圭駐広島大韓民国総領事館領事が挨拶を述べました。

挨拶する金榮翯会長

挨拶する金榮翯会長

金会長は、「今回、エントリーされた団体はお子様から大人、性別、国籍を越え、様々な方々が参加され、新しい可能性を感じております」とし、「サムルノリで生まれる音の渦や楽しい波が広がって、和合の雰囲気が造成され、関係諸国に希望溢れる未来が造成できたらと願ってやみません」と挨拶しました。
8団体の発表の後、李榮光審査委員長が「この平和の都市広島で大会が行われた事は意義深く、皆さんの情熱を感ずることができました」としながら、「しかしサムルノリにはいくつかの決まりがある」とし、基本を大切にすることを訴えました。そして、楽器の持つ意味や四季・12節気・月日など数的なものが組み合わさってリズムが構成されていることなどの説明が行われました。

 

モルゲ特別公演モルゲ特別公演
競技の後は、モルゲによる特別公演が行われ、ソルチャンゴ、サムルノリ、カヤグムとチャンゴによるペンノレ、パングッが演奏されました。プロとアマの違いが歴然と感じられる中、モルゲと会場が1つになって、全体が盛り上がりました。

ワークショップ
また、モルゲの皆さんによるワークショップも開催され、基本的な内容から目から鱗が落ちるような指導など、本当に意義深い時間が持たれました。

金寅圭駐広島大韓民国総領事館領事

金寅圭駐広島大韓民国総領事館領事

参加した金領事は「韓国と日本における民間交流で平和統一聯合が大きな仕事をしている」と評価し、「来年は総領事をお招きしたい」と述べました。また李榮光団長は、「これまで日本で多くの公演を行ってきたが、会場と一体となって盛り上がった公演だった。初めて同時通訳を経験し、サムルノリの説明が正しくでき、普及により大きく貢献できた」と感想が寄せられました。また主催者側の金源植事務総長は、「在日同胞の和合と日韓友好を促進していくために、サムルノリは大きな役割を持つ」とし、来年は、地方予選を行いながら、更なる発展を願うと語りました。

閉会式で総評を述べる李榮光審査委員長

閉会式で総評を述べる李榮光審査委員長

 

 

 

 

 

 

 


六方学園韓国伝統打楽器演奏クラブ

六方学園韓国伝統打楽器演奏クラブ六方学園韓国伝統打楽器演奏クラブ

韓国(釜山)に設立された「ハンマウム子供会館」を支援するため姉妹縁組を結び、1990年10月に釜山KBSホールでの公演に参加し、次の年に六方学園主催のイベントにハンマウム学園のタルチュム・ソゴチュムの舞踊を披露してもらい、その伝統文化を学園にとり入れようと、2004年講師の裵先生を迎え、レッスンに励んでいます。東広島市中央公民館定期行事の「心に花を」六方チャリティー、日韓伝統文化演奏パレード等で公演。


ノウルジリ

ノウルジリ ノウルジリ

2016年5月に中央婦人会メンバーを中心に結成し、サムルノリ世界大会に参加した方も加え、城之内先生の指導の下でサムルノリを楽しく学んでいます。心も顔も美しいノウルジリ。練習を通じてお互いが一つになって、私達の民族、文化をもっと愛するようになりました。

 


ハンウリ

ハンウリハンウリ

“ハヌリ”は韓国語で、一つの大きな私達の意味で、話す人一人から聞く人を含め私達皆を指します。地理的な国境を越え、民族と人種を越え、天の下の大きな一つの世界、私達が住む一つの世界でサムルノリを通して輪になって踊る和の世界、明日を目指します。
PEACE ROAD in Osaka(2015年、2016年) オープニングや2016年住吉民団新年会、 和歌山韓国語自慢大会など様々なイベントで公演活動中。


青松

青松

青松

結成7年目を迎えます。昨年は通常メンバーに人数を増やし、「ハンウンリム」として参加しました。今年は新たに精鋭メンバーで「青松」として参加。オリジナル韓国の婦人達が集まって、韓国の伝統サムルノリを日本に伝え、韓国と日本の国際交流が深まり、心情的に一つとなるために、地域の文化センターでの行事、朝鮮通信使関連のイベント、県・市のお祭りに参加し、心情交流を深めています。


広島サムルノリ団ハンソリ

広島サムルノリ団ハンソリ広島サムルノリ団ハンソリ

ハンソリは2003年5月、広島に住む韓国人と韓国の大好きな日本人が集まり結成しました。平和統一聯合第11連合会副会長の裵學泰先生が指導して下さっています。ハンソリは家族で参加しているメンバーが多く、親子、夫婦、そして今日は3世代で参加している家族もいます。今日は豊年マダンノリ、様々なカラッが展開。


アラリヨ

アラリヨアラリヨ

2010年韓国民団香川本部で実施された“韓国伝統芸能講習会”で初めてサムルノリに接し、その魅力に惹かれ、チームアラリヨを結成しました。韓国や兵庫から先生を招いて講習を受けながら自主的に練習しています。

 

 


松前サムルノリ

松前サムルノリ松前サムルノリ

2008年4月創設。4名から出発し、現在13名。世界平和と南北統一の為に結成いたしました。日本と韓国の国際結婚家庭が中心となり、サムルノリをこよなく愛してやまないメンバーで構成されてます。感性からほとばしるその演奏に魅了されて、多くのファンがいます。毎週火曜日の練習が日課。2015年8月ピースロード四国(宇和島)にて龍神太鼓と環太平洋大学“凛”と共演。2016年8月松前町西古泉夏祭りで公演。


天舞

天舞天舞

私達は韓国大好き女子達です。2009年に天舞と発足。韓国舞踊を始めました。サムルノ始めて3年目になります。韓国の素晴らしい伝統芸術を多くの方に知っていただき、喜んでいただきたいと日々練習に励んでいます。夢は大きく! 二年後には韓国で演奏することを目標に頑張っています。

 

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  4. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...
  5. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...