記事一覧

戦争と平和、憎しみから愛へ


 2009年10月25日伊藤博文命日の前日、東京連合会は「安重根と南北統一」と題して、新宿にて講演会を行った。参加者は30人。
講演会
 討議資料として、約30分のTV番組「伊藤博文を殺した男! 悲しきテロリストの真実」を視聴。その後、鄭時東中央会長による特別講演。会長は「韓国にとって伊藤博文は恨みの対象、日本にとっては安重根はテロリスト。歴史の事実をもとに戦争と平和、憎しみから愛へ、そして南北統一をテーマに語ります。」と前置きしながら、約1時間半の講演をした。その後は、懇親会がもたれた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  2. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  3. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  4. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  5. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...