記事一覧

戦争と平和、憎しみから愛へ

 2009年10月25日伊藤博文命日の前日、東京連合会は「安重根と南北統一」と題して、新宿にて講演会を行った。参加者は30人。
講演会
 討議資料として、約30分のTV番組「伊藤博文を殺した男! 悲しきテロリストの真実」を視聴。その後、鄭時東中央会長による特別講演。会長は「韓国にとって伊藤博文は恨みの対象、日本にとっては安重根はテロリスト。歴史の事実をもとに戦争と平和、憎しみから愛へ、そして南北統一をテーマに語ります。」と前置きしながら、約1時間半の講演をした。その後は、懇親会がもたれた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  2. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  3. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  4. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  5. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...