記事一覧

戦争と平和、憎しみから愛へ


 2009年10月25日伊藤博文命日の前日、東京連合会は「安重根と南北統一」と題して、新宿にて講演会を行った。参加者は30人。
講演会
 討議資料として、約30分のTV番組「伊藤博文を殺した男! 悲しきテロリストの真実」を視聴。その後、鄭時東中央会長による特別講演。会長は「韓国にとって伊藤博文は恨みの対象、日本にとっては安重根はテロリスト。歴史の事実をもとに戦争と平和、憎しみから愛へ、そして南北統一をテーマに語ります。」と前置きしながら、約1時間半の講演をした。その後は、懇親会がもたれた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。