記事一覧

【愛知】韓国語の実力UPへの取組み

授業の様子
ある程度韓国語を話せる人を集めて、更に実力を磨く場としての韓国語教室が12月14日からスタートした。劉永夏第8連合会事務局長が教室を主管し、初回は10人が参加した。この教室では、基本的にハングルしか使用しない事をモットーとしている。
全員の自己紹介の後、5分間スピーチが行われ、韓国の有名な曲の1つである「故郷無情」を覚える取り組みがなされた。その後、生徒からの質疑応答がもたれた。
今後は、各月の第3週日曜午後2時から開催される予定だ。聞く・話すに特化したこの取り組みに生徒らの実力UPを期待したい。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  2. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  3. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  4. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  5. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...