記事一覧

第5連合  元駐日大使館公使を講師に迎え、月例セミナー開催


東京月例セミナー

第5連合会(東京)は、5月30日元駐日大使館公使、統一日報の論説主幹を務める洪熒(ホン・ヒョン)氏を迎え、「日韓国交正常化50年と東アジアの未来」と題して、渋谷の会場で月例セミナーを開催し、会員ら32 人が参加しました。
洪氏は、「韓国の人は戦争していると認識している人が少ないのが現実」とし、30年間務めた国防部や外交部の体験から、「韓国の役人の役目は戦争に勝つこと」と主張し、自由民主主義と経済面の分析から「日本と韓国は、尊敬すべき国同士であるにも関わらず、こういうことを認識しないで争うのは教養のない愚かな人」と述べ、日韓の葛藤がなぜ解消しないかを感情問題ではなく、スパイによるものと主張しました。
続いて光州事件について言及。「光州事件は北朝鮮が特殊部隊を送って暴動化を誘導したことは、現代史研究者たちによって証明された。暴動を『民主化運動』と主張してきた側は、何一つ科学的に反論できずにいる」と主張しました。
参加者たちは、このセミナーを通じて、元駐日大使館公使や大韓民国国防部の視点を学ぶ良い機会となりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  2. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  3. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  4. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  5. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。