記事一覧

第5連合会 日韓の歴史を知るバスツアー


0059_original

日韓国交正常化50周年を記念して、第5連合は7月11日月例セミナーでバスツアーを行い、会員ら28人が参加し、久我山稲荷神社、蘆花恒春園、日本民藝館、日蓮宗大本山池上本門寺を巡り、日韓の歴史を尋ね親善の道を探る1日となりました。バスが満席の中、笑顔が絶えず、参加者は親睦を兼ね、韓国料理にも舌鼓を打ちました。参加者からは、「子供たちに教えてあげたい」「次回も参加したい」など感想が寄せられました。

0004_original
0014_original
0001_original

この神社には「同心碑」という李氏朝鮮後期の政治家金玉均(キム・オッキュン)が碑文を書いた石碑があります。当時、砂糖王となった飯田氏が、遠くに離れて暮らす父に親孝行できないことで心苦しみ、飯田氏の父の暮らす久我山に親不孝をわびる石碑を建てることを金玉均に頼み、その思いに心打たれ碑文を書いたというエピソードがあります。


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...