記事一覧

第3連合会 高麗郡1300年記念事業を きっかけに観光開発


高麗郡建郡について地域で学び、未来の観光産業につなげようと2015年度の5回目となる「高麗郡1300年大学」(主催:日高市/高麗郡建郡1300年記念事業日高市実行委員会/一般社団法人高麗1300/高麗浪漫学会 後援:埼玉女子短期大学)が2月6日埼玉女子短期大学で行われ、第3連合会からも3人が参加しました。
講師の大野松茂氏(一般社団法人 高麗1300理事長)は高麗王若光の里をアピールし、「知る・知らせる・参加する」をキーワードに熱く語りました。今後の企画としては、5月22日に高句麗時代の衣装を着て1799人によるパレード開催、広開土王碑のレプリカの奉献、町の掲示物に韓国語表示などがあり、永続的な地域の観光開発を進めようとしています。

 


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  2. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  3. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  4. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  5. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...