記事一覧

一般財団法人国際ハイウェイ財団 大江益夫理事長に聞く


日韓トンネルプロジェクト、ベーリング海峡トンネル構想など世界を道路でつなぎ、日本とアジア、世界の自由と平和を目指す一般財団法人国際ハイウェイ財団の大江理事長にSNS(LINE)によって取材ができました。大江理事長は今年1月末にLINEを初めたそうで、早速現場の写真を送ってこられました。
送ってこられた写真は対馬の日韓トンネル斜坑基地と唐津の太陽光発電現場の様子でした。対馬の斜坑基地建設と斜坑坑口20m工事には3年間を要し、今年からは壱岐も3年間で基地建設、斜坑坑口の開削に挑戦するそうです。

 

唐津の太陽光発電
一方、唐津では一般企業に財団所有の土地の10分の1の広さ6000坪の土地を賃貸し、その企業が太陽光発電事業を行っています。この太陽光発電は1.5メガワットの発電能力があり、九州電力に送電される仕組みとなっています。財団としては敷地内の道路補修、草木刈りを請け負っているそうです。この土地の賃貸によって、唐津斜坑600mの湧き水のポンプアップ等にかかる数十万の電気代をまかなうことができるようになりました。
また、日韓トンネル推進神奈川県民会議の議長より桜が贈呈され、2月下旬に壱岐に100本、対馬に100本送られます。この桜の贈呈は今年で3回目で合計600本になりました。
一般財団法人国際ハイウェイ財団では毎月2回ホームページを更新しているので、チェックしてみてください。 http://ihf.jp/


関連記事

ピックアップ記事

  1. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  2. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  3. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...
  4. 九州での啓蒙活動

    2018.5.14

    【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

    南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援して...
  5. 豊田・集会参加者と共に

    2018.5.14

    【東愛知】孝情は東愛知から、共に平和統一を

    世界平和統一家庭連合の東愛知教区豊田家庭教会からの招請を受け、5月12日金源植平和統一聯合中央本...