記事一覧

一般財団法人国際ハイウェイ財団 大江益夫理事長に聞く

日韓トンネルプロジェクト、ベーリング海峡トンネル構想など世界を道路でつなぎ、日本とアジア、世界の自由と平和を目指す一般財団法人国際ハイウェイ財団の大江理事長にSNS(LINE)によって取材ができました。大江理事長は今年1月末にLINEを初めたそうで、早速現場の写真を送ってこられました。
送ってこられた写真は対馬の日韓トンネル斜坑基地と唐津の太陽光発電現場の様子でした。対馬の斜坑基地建設と斜坑坑口20m工事には3年間を要し、今年からは壱岐も3年間で基地建設、斜坑坑口の開削に挑戦するそうです。

 

唐津の太陽光発電
一方、唐津では一般企業に財団所有の土地の10分の1の広さ6000坪の土地を賃貸し、その企業が太陽光発電事業を行っています。この太陽光発電は1.5メガワットの発電能力があり、九州電力に送電される仕組みとなっています。財団としては敷地内の道路補修、草木刈りを請け負っているそうです。この土地の賃貸によって、唐津斜坑600mの湧き水のポンプアップ等にかかる数十万の電気代をまかなうことができるようになりました。
また、日韓トンネル推進神奈川県民会議の議長より桜が贈呈され、2月下旬に壱岐に100本、対馬に100本送られます。この桜の贈呈は今年で3回目で合計600本になりました。
一般財団法人国際ハイウェイ財団では毎月2回ホームページを更新しているので、チェックしてみてください。 http://ihf.jp/

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  4. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  5. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...