記事一覧

ピースワンコリア山菜採り


 4月28日、FPU愛知県本部主催の「ピースワンコリア山菜採り」が「道の駅 つくで手作りの村」(愛知県新城市)にて開催され、在日コリアン、日本人ら24名が参加した。

 「道の駅 つくで手作り村」は標高550メートルの高原地帯に位置し、国道301号線沿いにある。市の主要産業である農林業を活かした都市と山村の交流拠点となっている。農産物もぎ取り体験、手作り工芸品、豆腐加工、地元食材を生かした食堂「味菜館」など様々な農産加工が体験できる。参加者は春の若葉が息吹く爽やかな山並みのドライブを楽しんで現地に集合した。 
 最初に「つくで手作り村」代表の鈴木勝実さんから、山菜の王様、タラの芽やこしあぶらの芽の採り方や注意事項の説明を受けた後、三グループに分かれてワラビや椎茸など大量の山菜を収穫した。
「つくで手作り村」代表
<タラの芽など山菜採りの説明をする つくで代表の鈴木さん>
タラの芽など枝から芽を採る
<タラの芽など枝から芽を採る>
 加工所で山菜を分別した後、会場を移して皆で持ち寄った肉などの食材と収穫物の新鮮な山菜でさっそく天ぷらとバーベキューの昼食が賑やかに始まった。
加工作業所で採ってきた山菜を鈴木さんに分別して頂く
<加工作業所で採ってきた山菜を鈴木さんに分別して頂く>
油虫などを綺麗に除去
<油虫などを綺麗に除去>
さあ、バーベキューが始まった
<さあ、バーベキューが始まった>
 参加者からは「天気も良く、空気の澄んだ綺麗な景色の中で、採ったばかりの山菜が食べれて本当に幸せ。」「滅多に食べれないタラの芽などが沢山採れて最高。」「この様なグループでないと来ることができなかった、誘ってくれて有難い。」などの感想が寄せられた。
記念写真
<山菜と新鮮な春をたっぷり満喫した後に、皆で記念写真>


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...