記事一覧

【福井】希望の光を伝えたい「李在洙会長を囲む懇談会」


 在日同胞の和合を目指す福井県本部は、4月22日福井市の松本公民館において「李在洙会長を囲む懇談会」を開催した。福井市内の平和大使ら15名が集い、「在日としての人生」と題して李会長の講話と参加者らの質疑の時間を持ち、有意義なひとときを過ごした。
李在洙会長を囲む懇談会
 講話の中で李会長は、「私達在日は、人生のほとんどを日本において生活し、日本人のように暮らしているが、祖国ををいつも慕う気持ちをもって生きている。自分は北送船で北に帰ろうとして『日本に残りなさい』と言われて日本に留まるようになった。ほとんどの人は北に渡らなくて本当によかったというが、いまだに本当にそれでよかったのかわからなくなることがある。いまだに寂しく切ない気持ちを引きずっている自分を発見する。在日としてのよりどころを失いかけていた自分が統一思想に出会って、希望の光を見出すことができた。この湧き上がる喜びを多くに人に伝えながら生きて生きたい」と語った。
 在日の1人1人に様々なドラマがあるが、参加者らは李会長の人生を伺いながら、喜怒哀楽を共有する良き時間となった。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。