記事一覧

『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』 (15) 清道


 清道(チョンド)といえば、旗を思い出す。国王や外交使節の先頭に掲げる清道旗である。これを見ると、民衆は道を開け、静粛にして行列が通りすぎるのを待った。韓国・慶尚北道に、この名の都市がある。朝鮮通信使を通して、清道旗に馴染んでいいたため、このまちが記憶に残っていた。
 清道は闘牛で知られる。街に、闘牛のモニュメントが立っている。農作業の疲れをいやす気晴らしに、闘牛を見物する農民が多くいたという。日本の植民地統治時代、闘牛に民衆が集まるのを恐れた総督府は、抗日運動の温床になると憂慮し、闘牛熱を抑えた。このため、闘牛はさびれた。

 これが大きく復活したのは、解放後、朴正熙(パクチョンヒ)大統領が始めたセマウル運動の渦中だった。1970年代のこと。「自助・自立・協同」をスローガンに、農業の近代化をはかる「新しい村」創造運動で、息を吹き返す。闘牛は、嶺南地域のシンボルとなり、セマウル運動発祥地としての清道の名を高めることとなった。

 その清道が近年、ワインのまちとして人気を呼んでいる。「清道ワイントンネル」である。全長約1キロのトンネルに、製造会社が運営するワイン蔵がある。特産品の種なし渋柿、清道柿(チョンドパンシ)を利用したワインで、その味は美味しいという評価を得ている。
 清道柿は熟れると果汁と甘みが増すらしい。ビタミンとアミノ酸が満点といわれる。健康志向にあっているのか? ともあれ、清道柿はワインに最適と聞く。「大統領就任式の乾杯酒にも選ばれたワイン」と地元ではPRしている。

←前のページはこちら               次のページはこちら

【転載】『二十一世紀の朝鮮通信使 韓国の道をゆく』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。