記事一覧

金剛山歌劇団 金明姫リサイタル<바람꽃>で花咲く家族愛


 

9月11日、「金明姫リサイタル<바람꽃>」(金剛山歌劇団特別公園)が北とぴあの会場で約1300人の参加者の中で行われ、平和統一聯合から金源植事務総長を始め多くの会員らが参加した。このリサイタルには全国各地から多くの同務たちが参加した。

リサイタルは全2部で構成され、1部では「風の花」、「海へ山へ行こう」、「朝鮮映画メドレー」、「りんごの木を植えたよ」、「陰と陽」、「Time To Say Goodbye」、「The Greatest Show」、2部では「ウルサンタリョン」、「朗読と歌-オモニ-」、「花メドレー」、「愛の賛歌」、「ありがとう」が公演された。

金明姫氏は栃木県宇都宮市出身で、1992年金剛山歌劇団に入団。25年の実績を誇る劇団のメインMC。テレビやラジオの出演をはじめ、各種イベントMC,映像ナレーション、通訳などバイリンガルMCとして幅広く活躍。2015年4月共和国功勲俳優の称号を頂く。

特に印象的だったのは、詩「オモニ」と共に歌われた歌「娘へ」である。蔚山独特の方言で「ミョンヒヤ~」と話しかける祖母や母への想い、またいつの間にか子を生み自身も母となり、子供と接することにより初めて母の心情が理解でき、娘にどのように育ってほしいという願いが込められた歌に、多くの観客が涙を流した。

また、北と南、海外同胞たちが手をとり合い、わが民族同士で願いを叶えるという意気込みの込められた「ハナ」の歌に際し、日本海の向こうにある、二つに分かれた祖国・ふるさとを思い慕う映像が流れ、行きたくても行くことのできない祖国を想う歌声が、観客の心に響いた。

参加した観客は「全ての歌、演出、手紙や映像などが非常に良かった。また全国から同級生が駆け付け、夫子供母親という家族の愛を感じることができた。」と感想を述べた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。