記事一覧

経済人らと共に音楽を楽しむ


在日世界韓人商工人連合会の第11期定期総会が7月5日東京・韓国文化院で行われ、総会後、「日本・中国・韓国 アジア三大テノールの饗宴」と題して記念コンサートが同院ハンマダンホールにて行われました。日本からは笛田博昭(ふえだひろあき)氏、中国からは許昌(チュイチャン)氏、韓国からは權宰熙(クォンジェイ)氏らがテノール歌手として参加し、クラシックの様々な曲を高らかに歌い上げました。出演者は「音楽に国境はない」と述べ、参加した金源植事務総長、茂木福美次長、李鍾仁国際局長らは美しい音楽に感動しながら、経済人たちとの交流を深めました。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...