記事一覧

『二十一世紀の朝鮮通信使 海路をゆく 対馬から大坂』 (3)相島―儒学者ら歓迎、漢詩文唱和


 江戸時代、「信(よしみ)を通わす」朝鮮通信使が計12回来日し、その度に朝鮮ブームが巻き起こった。一行は最大500人の規模。福岡藩は相島(現、福岡県新宮町)で接待した。相島は新宮港の7・3キロの沖合いに浮かぶ半月形の島(周囲およそ12キロ)。
 迎接準備のため、城下から多数の藩士や職人が渡った。客館は一時的に作り、毀した(現在、客館跡之碑が立つ)。1764年に来日した通信使の書記、金仁謙(キムインギョム)は『日東壮遊歌』に、「この島の村落は極めて小さいが 館所は壮麗で 絹の幔幕をはりめぐらし 緋毛氈を敷き 寝房、渡り廊下、浴室、厠にいたるまで すべて精巧な造りだ」「我らの一日分の食費として 銀一万両がかかるという」と記す。

 その時々の天候で、事故も発生した。1719(享保4)年7月、通信使入港の1週間前、大風の中で受け入れ準備の作業中、藩士・浦水夫ら61人が犠牲になった。その墓石の一部が、島の東側の沿岸に広がる積石塚群(国指定史跡)の一角にある。
 通信使の来日は、異文化に接触できる絶好の機会。福岡藩主の世継ぎ、幼少の継高でさえ、藩士の案内で相島の客館などを見物したことが、製述官・申維翰の『海遊録』に載っている。継高は後に6代目藩主に就任し、通信使を3回接待した。城下の櫛田琴山、小野玄林、亀井南冥ら儒学者、医師らも渡海して筆談している。
 その一方で、労働奉仕や荷役運搬に借り出された人たちがいた。1682(天和2)年の通信使迎接で、相島の島民延べ3850人が約2カ月間を要して2基の波止場を築造した。
 福岡藩は饗応膳として、高官には儀式用の「七五三膳」、実際に食べる引き替え三汁十五菜が出された。帰路には、賄いのため食材を提供。米、味噌、醤油、酒、酢など一日につき一人当たりの分量が決まっていた。
 『海遊録』の著者・申維翰は「新築した館は千間に近く、帳御諸物すべて華美である」と褒めたたえ、島人の生活を一見して、「竹籠や花欄を見るに、眼に触れるもの画の如く、その中であるいは対坐して碁を囲み、碁石の音の丁々たるを聞くのは、東坡翁の白鶴観の思いがある」と感想を述べている。

 強風と波浪のため相島に24日間留まった後、金仁謙の乗った通信使船は赤間関(現、下関)に向かう。途中、芦屋沖で大風雨に阻まれ、地島(現、宗像市。鐘崎沖)に緊急避難し、殿様波止から上陸した。地島は「地は狭くして陋、憩うべき館舎もない。居民は数十戸、 草屋は蕭然としている」。西光寺に国書を安置し、寺や民家に泊まった高官らを除いて船に戻った。地島に8日間足止めを食らった後、福岡藩に護衛されて小倉沖まで行き、小倉藩の迎護船と交替した。福岡藩領を通過するのに18日間もかかっている。

【ユネスコ世界の記憶】
・福岡藩朝鮮通信使記録(黒田家文書) 15冊=所蔵:福岡県立図書館
・小倉藩朝鮮通信使対馬易地聘礼記録 (小笠原文庫)6冊=福岡県立育徳館高等学校錦陵同窓会、みやこ町歴史民俗博物館寄託

←前のページはこちら               次のページはこちら

【転載】『二十一世紀の朝鮮通信使 海路をゆく 対馬から大坂』(朝鮮通信使と共に 福岡の会 編)  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  2. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  3. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。
  4. 2019.6.12

    【近畿】龍谷大学 李相哲先生から学ぶ

    李相哲先生を囲む京都有識者時局懇談会(主催:日韓トンネル推進京都府民会議)が6月2日、京都市内のキ...
  5. 2019.6.12

    【広島】原爆の痛みから核の無い世界を訴える ひろしまサランバンカフェ

     在日同胞の人生を伺うサランバンカフェ(主催:平和統一聯合広島県本部)が6月6日広島市内で行われ、...