記事一覧

谷先生の健康講座9


 

5色食材 健康食

 人体は五臓六腑からなる精巧な有機複合体です。神経系、消化器系、循環器系、免疫系の働きは人体の全ての行動を補い、保全するシステムです。そのシステム維持管理のコストが栄養。普段気にしないで食べる食物の色彩が華やかならバランスが取れていると思っても間違いない。

 茶色は肝臓、赤は心臓、白は気管支系、黒は消化器系へと、養分、成分が吸収され、その働きを増してくれる。とは言え、ありがたみも感じずに食しても、本当の養分と成り得ない。

 何故、生命をいただく謙虚な心が食物に至り、アミノ酸、ブドウ糖に変化して、役に立ってくれるのである。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。