記事一覧

第15連合会 「信頼をお互いに通わせる」通信使を学ぶ

雨森芳洲庵

「Peace Road 2017 in 京都 心友会・雨森芳洲庵探訪」が4月12日に行われ、京都連合会会員18人が参加しました。一行は、雨森芳洲庵の館長より朝鮮通信使の内容や「通信」という言葉の語源が「信頼をお互いに通わせる」という意味で名付けられた事などを学び、見識を深める時間を持ちました。参加者からは「日韓の友好関係が改めて問われる今日、朝鮮通信使や雨森芳洲が果たした役割、また目指した日本と韓国の友好を深めるというテーマをもう一度学ばなければならない」とコメントが寄せられました。

雨森芳洲庵


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  2. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  3. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  4. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  5. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...