記事一覧

第11 連合 ひろしまサランバンで在日韓国人の人生を伺う


ひろしまサランバン

第11連合は、3回目となる座談会を広島市内の会場で行い、在日韓国人の金林政子さんの人生についてお話を伺いました。
金林さんは1939年に広島で誕生。現在は76歳。男2人、女2人の4人兄妹の長女として生まれ、30代で結婚し、その後1 年で離婚。娘さんが1 人居られます。金林さんは、子供の頃から通称名を使用し、特に朝鮮人差別を受けた記憶は無いと言います。ご両親が亡くなられてからは、昼夜働き、兄弟たちを助ける生活を送られました。60 代のころ、平和統一聯合の韓国婦人の会員と出会い、平和統一聯合のセミナーに参加するようになり、今では「平和統一聯合のメンバーが友達だ」と言います。セミナーを学び、韓国婦人たちとも触れ合い、交流する中で次第に韓国人としてのアイデンティティが芽生え、ハングルを勉強したいと思うようになりました。「これからもう一度結婚して幸せを見つけたい」と明日への希望を語っています。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。