記事一覧

第1連合会 佐々木会長 北朝鮮平和自動車総会社12年の体験を語る


金玉均研究会は4月30日北海道札幌市中央区の韓国文化会館5Fホールで「歴史研究講演会」を行い、講師に平和統一聯合第1連合会佐々木裕一会長を迎え、平和自動車総会社の創設と背景、日本人技術者の使命と活動内容、自動車生産活動の結果と評価、科学技術の平準化と南北平和統一の道に関して学びました。
参加者の一部に暴言を吐き帰ってしまう方もいらっしゃいましたが、その研究会の姿勢は真実探求のためにあらゆる事実を聞く必要があるという姿勢を貫き、佐々木会長の体験から北朝鮮像を探ろうとしたことは大変意義深いものがあります。偏見の眼鏡を取り外し、韓(朝鮮)半島の平和統一にむけて何が必要であるか、真摯に道を探さなければいけません。
文鮮明総裁と金日成主席の歴史的合意事項に基づき、南北離散家族再開が進めらた事実を知って驚いた参加者もいらっしゃいました。また「梗塞された南北関係から早く和解ムードへ望む」という感想も寄せられました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  2. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  3. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  4. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  5. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...