記事一覧

私(나)と他人(남)の差は

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.3.21)

「私(나)と他人(남)の差は」

「他人の子も我が子と同じ愛の手を」というスローガンが随分前の交通標語にありました。自分の子と他人の子と同じように愛しましょう。という意味の標語が出るくらい自分の子と他人の子に対する態度が違うからそのような標語がでたのだと思いますが、他からお嫁さんを貰ったりすると「嫁姑の葛藤」があったりするのも我が子のように愛せず、やる事成す事が憎たらしく思うからなのでしょうか?

幸い韓国に嫁いだ私は、嫁というより娘のように姑が対してくれたのでそんな葛藤も無かったのですが、因みに韓国語では私の事を「나」(ナ)と言い、他人の事を「남」(ナム)と言うのですが、他人の子と自分の子の差を考えていたら、ふと남の文字からㅁ(ミウム)を除けば나という文字になるなと思いました。そしてミウムの発音が、憎しみの意味である미움(ミウム)と似ていることを思った時に、「他人と私」の違いはミウム(憎しみ)の一言が入っているか、いないかの違いなのではないかと思ったりしました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  2. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  3. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...
  4. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  5. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...