記事一覧

私(나)と他人(남)の差は

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.3.21)

「私(나)と他人(남)の差は」

「他人の子も我が子と同じ愛の手を」というスローガンが随分前の交通標語にありました。自分の子と他人の子と同じように愛しましょう。という意味の標語が出るくらい自分の子と他人の子に対する態度が違うからそのような標語がでたのだと思いますが、他からお嫁さんを貰ったりすると「嫁姑の葛藤」があったりするのも我が子のように愛せず、やる事成す事が憎たらしく思うからなのでしょうか?

幸い韓国に嫁いだ私は、嫁というより娘のように姑が対してくれたのでそんな葛藤も無かったのですが、因みに韓国語では私の事を「나」(ナ)と言い、他人の事を「남」(ナム)と言うのですが、他人の子と自分の子の差を考えていたら、ふと남の文字からㅁ(ミウム)を除けば나という文字になるなと思いました。そしてミウムの発音が、憎しみの意味である미움(ミウム)と似ていることを思った時に、「他人と私」の違いはミウム(憎しみ)の一言が入っているか、いないかの違いなのではないかと思ったりしました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...