記事一覧

私(나)と他人(남)の差は

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.3.21)

「私(나)と他人(남)の差は」

「他人の子も我が子と同じ愛の手を」というスローガンが随分前の交通標語にありました。自分の子と他人の子と同じように愛しましょう。という意味の標語が出るくらい自分の子と他人の子に対する態度が違うからそのような標語がでたのだと思いますが、他からお嫁さんを貰ったりすると「嫁姑の葛藤」があったりするのも我が子のように愛せず、やる事成す事が憎たらしく思うからなのでしょうか?

幸い韓国に嫁いだ私は、嫁というより娘のように姑が対してくれたのでそんな葛藤も無かったのですが、因みに韓国語では私の事を「나」(ナ)と言い、他人の事を「남」(ナム)と言うのですが、他人の子と自分の子の差を考えていたら、ふと남の文字からㅁ(ミウム)を除けば나という文字になるなと思いました。そしてミウムの発音が、憎しみの意味である미움(ミウム)と似ていることを思った時に、「他人と私」の違いはミウム(憎しみ)の一言が入っているか、いないかの違いなのではないかと思ったりしました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  2. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  3. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  4. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  5. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...