記事一覧

皆その時にかなって美しい

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.3.7)

「皆その時にかなって美しい」

世界で一番読まれている書物は聖書なのですが、40数年前、私は生まれて初めてその聖書というものに触れました。そして、勧められて最初に読んだ箇所が「伝道の書」というものでした。その聖句に中で、特に印象深い箇所は全てに「時」というものがあるというものでした。それ以来、「時」というものを意識するようになったのですが、人生を歩む中で、人間には生死禍福など様々な出来事があるけれども、それらの全ての背後には見えない天の何か意図があり、時があるのではないかと思うようになりました。

そして、それらの最後には全て「神のなさるわざは皆その時にかなって美しい」との言葉のように、必ず、神様が私に必要な「時」として今この時間を与えてくださっている。

と思って感謝する生活すると、人生が美しいものになるのではないかと思います。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...