記事一覧

戦争と平和、憎しみから愛へ


 2009年10月25日伊藤博文命日の前日、東京連合会は「安重根と南北統一」と題して、新宿にて講演会を行った。参加者は30人。
講演会
 討議資料として、約30分のTV番組「伊藤博文を殺した男! 悲しきテロリストの真実」を視聴。その後、鄭時東中央会長による特別講演。会長は「韓国にとって伊藤博文は恨みの対象、日本にとっては安重根はテロリスト。歴史の事実をもとに戦争と平和、憎しみから愛へ、そして南北統一をテーマに語ります。」と前置きしながら、約1時間半の講演をした。その後は、懇親会がもたれた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。