記事一覧

【神奈川】文鮮明総裁の聖和をしのび聖和式開催


追悼辞を語られる鄭会長
<追悼辞を語られる鄭時東会長>
 在日同胞の和合と祖国統一のために貢献された文鮮明総裁の聖和をしのび、権容一平和統一聯合第6連合会会長と宋幸哲事務局長による企画で、聖和式を9月11日神奈川県川崎市の会場を借りて開催した。会員や近隣の在日同胞らが約70人が参加し、感謝と哀悼を捧げた。
 式典では文総裁の生涯と業績の映像上映があり、映像の中では文総裁が北朝鮮から「祖国統一賞」を受賞した内容と文亨進世界会長が9月7日に訪朝し、弔問を受けた内容が説明されていた。焼香と献花、2人の歌手による追悼の献歌が行われた。
焼香をする在日同胞
<焼香をする在日同胞>
 続いて、鄭時東中央本部会長による追悼辞が述べられ、「文総裁がどのように在日同胞を愛したのか。在日同胞が南北統一に対してどのような使命と責任があるのか」と言う内容を語った。最後に参加者全員で手を繋ぎながら、「統一の歌」を歌い、文総裁に対する感謝と祖国統一への決意を固めた。
記念撮影
 式典の後、参加者たちは食事会を通じて交流し、文総裁の思い出を語り合いながら、和合の場となった。参加者たちは「南北統一は文先生の教えでしかできない。みんながんばりましょう」というコメントが寄せられた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。