記事一覧

「安重根義士の逝去100回忌記念」行事を開催


 東京都連合会は、3月22日、東京・新宿で「安重根義士の逝去100回忌記念」と題した行事を開催し、民団系、朝総聯系の有識者を含む平和統一聯合会員ら約80人が参加した。

 これは、安重根義士がハルピン駅頭で伊藤博文公を射殺した1909年10月26日から今年は100周年〔昨年から韓国において4大記念事業(記念館の新築、銅像の再建、思想「東洋平和論」に関する国際学術大会、義挙100周年記念春川マラソンの)が計画されている〕であり、また、安義士が翌1910年3月26日に死刑となってから今年が100回忌にあたることにちなむものであり、安義士と伊藤公の和合を祈願するための礼式としているものだ。
和合を祈願する祭壇
<和合を祈願する祭壇>
 最初に、司会の金昌煥・中央東京支部長の開会宣言、参加者全員の黙祷があり、朝総聯系来賓による祝辞があった。
 次に、参加者全員による韓国、日本、両国の国歌斉唱が行われ、鄭時東・平和統一聯合中央本部会長が「安重根義士の東洋平和論と世界平和への道」をテーマに安義士と伊藤公のエピソードを伝えながら熱く講演された。
熱く語る鄭時東会長
<熱く語る鄭時東会長>
 最後に、安義士と伊藤公の和合を祈願するため、代表者による献花、参加者全員による黙祷が行われ、閉会となった。
 参加者からは「以前、安重根義士の慰霊ための行事を何度も行ったことがありましたが、やればやるほど雰囲気が重くなっていました。そんな経験があったので、正直、この行事に参加するのが嫌でした。しかし、全く違った雰囲気でびっくりしました。伊藤博文公との和合祈願が理由だと感じました」「韓国の国歌を初めて聞き、また、歌いました。襟を正す思いでした」(日本人参加者)などの感想があった。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。