記事一覧

鳥取県本部3周年記念大会

朴明盛会長が在日の和合の必要性と日本人との共生の意義を説く
 鳥取県本部は3月22日(日)、県立倉吉未来中心で、結成3周年大会を行い、在日同胞、来賓、会員ら190人が参席した。
鳥取県本部
 まず、大会では「日韓トンネル」のニュース報道と平和統一聯合の紹介のビデオ上映がされた。次に、兵庫県本部・趙希秀会長と地元の倉吉市議会議員より祝辞。同市会議員は「鳥取県は環日本海交流事業に長年熱心に取り組んできました。特に韓国との交流を頑張ってきました。平和統一運動を応援しております。」と挨拶した。
 続いて、2人の国会議員と鳥取県議会副議長から「21世紀になって世界が平和になれると思ってまいりましたが、ますます混乱し、アジアでの原因は、朝鮮半島の南北分断があることは周知のとうりです。南北平和統一の到来が一日も早からんことを願い、今後益々のご活躍をご期待申し上げます。」と祝電があった。
 朴明盛会長は「特に韓半島(朝鮮半島)に近い山陰、鳥取県はこれからの時代、アジアに向かって行くまさに表日本として、大きな使命があります。皆さん!やってくれますか?」と祖国統一の熱い思いを語った。参加者は「よかった。感動と勇気をもらった。」とコメントした。
 エンターテイメントでは、「きよしのズンドコ節」で会場が盛り上がり、「珍島物語」で南北統一への熱い心情が高まり、「그리운 콘고잔(懐かしい金剛山)」で会場が一体となり、幕を閉じた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  2. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  3. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  4. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  5. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...