記事一覧

鳥取県本部3周年記念大会


朴明盛会長が在日の和合の必要性と日本人との共生の意義を説く
 鳥取県本部は3月22日(日)、県立倉吉未来中心で、結成3周年大会を行い、在日同胞、来賓、会員ら190人が参席した。
鳥取県本部
 まず、大会では「日韓トンネル」のニュース報道と平和統一聯合の紹介のビデオ上映がされた。次に、兵庫県本部・趙希秀会長と地元の倉吉市議会議員より祝辞。同市会議員は「鳥取県は環日本海交流事業に長年熱心に取り組んできました。特に韓国との交流を頑張ってきました。平和統一運動を応援しております。」と挨拶した。
 続いて、2人の国会議員と鳥取県議会副議長から「21世紀になって世界が平和になれると思ってまいりましたが、ますます混乱し、アジアでの原因は、朝鮮半島の南北分断があることは周知のとうりです。南北平和統一の到来が一日も早からんことを願い、今後益々のご活躍をご期待申し上げます。」と祝電があった。
 朴明盛会長は「特に韓半島(朝鮮半島)に近い山陰、鳥取県はこれからの時代、アジアに向かって行くまさに表日本として、大きな使命があります。皆さん!やってくれますか?」と祖国統一の熱い思いを語った。参加者は「よかった。感動と勇気をもらった。」とコメントした。
 エンターテイメントでは、「きよしのズンドコ節」で会場が盛り上がり、「珍島物語」で南北統一への熱い心情が高まり、「그리운 콘고잔(懐かしい金剛山)」で会場が一体となり、幕を閉じた。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  2. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  3. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  4. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  5. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...