記事一覧

経済人らと共に音楽を楽しむ

在日世界韓人商工人連合会の第11期定期総会が7月5日東京・韓国文化院で行われ、総会後、「日本・中国・韓国 アジア三大テノールの饗宴」と題して記念コンサートが同院ハンマダンホールにて行われました。日本からは笛田博昭(ふえだひろあき)氏、中国からは許昌(チュイチャン)氏、韓国からは權宰熙(クォンジェイ)氏らがテノール歌手として参加し、クラシックの様々な曲を高らかに歌い上げました。出演者は「音楽に国境はない」と述べ、参加した金源植事務総長、茂木福美次長、李鍾仁国際局長らは美しい音楽に感動しながら、経済人たちとの交流を深めました。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  4. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  5. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...