記事一覧

経済人らと共に音楽を楽しむ


在日世界韓人商工人連合会の第11期定期総会が7月5日東京・韓国文化院で行われ、総会後、「日本・中国・韓国 アジア三大テノールの饗宴」と題して記念コンサートが同院ハンマダンホールにて行われました。日本からは笛田博昭(ふえだひろあき)氏、中国からは許昌(チュイチャン)氏、韓国からは權宰熙(クォンジェイ)氏らがテノール歌手として参加し、クラシックの様々な曲を高らかに歌い上げました。出演者は「音楽に国境はない」と述べ、参加した金源植事務総長、茂木福美次長、李鍾仁国際局長らは美しい音楽に感動しながら、経済人たちとの交流を深めました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...