記事一覧

第15連合会 「信頼をお互いに通わせる」通信使を学ぶ

雨森芳洲庵

「Peace Road 2017 in 京都 心友会・雨森芳洲庵探訪」が4月12日に行われ、京都連合会会員18人が参加しました。一行は、雨森芳洲庵の館長より朝鮮通信使の内容や「通信」という言葉の語源が「信頼をお互いに通わせる」という意味で名付けられた事などを学び、見識を深める時間を持ちました。参加者からは「日韓の友好関係が改めて問われる今日、朝鮮通信使や雨森芳洲が果たした役割、また目指した日本と韓国の友好を深めるというテーマをもう一度学ばなければならない」とコメントが寄せられました。

雨森芳洲庵

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  2. 第3連合新年最初の会議
    1月18日埼玉県大宮市の高鼻コミュニティセンターにて、本年最初の平和統一聯合担当者の会議が行われた。
  3. 第5連合会は定例となっている月例セミナーを渋谷の勤労福祉会館で1月17日に開催。
  4. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  5. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...