記事一覧

第15連合会 「信頼をお互いに通わせる」通信使を学ぶ

雨森芳洲庵

「Peace Road 2017 in 京都 心友会・雨森芳洲庵探訪」が4月12日に行われ、京都連合会会員18人が参加しました。一行は、雨森芳洲庵の館長より朝鮮通信使の内容や「通信」という言葉の語源が「信頼をお互いに通わせる」という意味で名付けられた事などを学び、見識を深める時間を持ちました。参加者からは「日韓の友好関係が改めて問われる今日、朝鮮通信使や雨森芳洲が果たした役割、また目指した日本と韓国の友好を深めるというテーマをもう一度学ばなければならない」とコメントが寄せられました。

雨森芳洲庵


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...