記事一覧

熊本県連合会「日韓トンネル視察ツアー」


2010年1月30日、熊本県連合会の会員たちは佐賀県唐津市鎮西町にある日韓海底トンネルの試着工事現場を訪ねた。トンネル視察のあと、名護屋城の遺跡と名護屋博物館を訪問し、歴史について学ぶ貴重な機会を持つようになった。熊本県からの工事現場の視察は今回で2回目。48名の会員らが参加してトンネル建設に対する高い関心を感じる機会となった。
国際ハイウェイ財団からの説明
今回の視察団の案内のため一般財団法人国際ハイウェイ財団の理事 佐藤博文氏を招いて、今までの経過と背景に対する説明をお聞きした。佐藤理事は日韓海底トンネルの建設は技術的に可能かどうかの段階ではなく、東アジア共同体の構成のためには必須的なプロジェクトとして浮上するだろうという見方を示した。そしてこのプロジェクトの実現のためには日本政府のみならず、国民的次元の啓蒙が必要だと強調した。参加者たちはこんなに身近なところで巨大なプロジェクトが動いていることに感銘を受け、これからの進展に期待を持つようになった。
記念写真
参加者からは「これから友達を誘って一緒に来たい」「これまでの調査に対して敬意を示して、政府がもっと関心を持って真剣に取り組むべきだ」とコメントした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  2. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  3. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  4. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...
  5. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...