記事一覧

平和統一聯合東京連合会 2011年度定期総会開く

2011年度定期総会
【東京】東京連合会の2011年度定期総会が、4月24日、東京都新宿区の成約ビルで役員や会員を集めて開催された。
 総会は、東日本大震災の犠牲になられた方々のご冥福を祈り黙祷が捧げられた後、常任顧問の山本文登氏が開会の辞で「民団と総連は一体化をしなければならない。東京から南北統一への道を切り開きたい」と挨拶。
 その後、来賓挨拶で、鄭時東中央本部会長が、「イギリスのエリザベス女王は日本を『許すけれど忘れない』と言った。しかし、創始者の文鮮明先生は恨みを愛に変えていいった。その精神によって南北統一が成されれば、それは世界平和につながる」と訴えた。
鄭時東中央本部会長
 総会では、議長を選出し、その後、「2010年度活動報告」と「2010年度会計報告」がなされ、その承認の後に、2011年度の新活動方針案、役員候補案が提示された。
新会長
 最後に、東京連合会の新会長に就任した金容雨氏が新任の挨拶をした。金会長は、「自分は歴史を色々調べて研究したが、最終的には文先生が言うように真の愛の力でなければ南北が一つになれないのではないか」と述べた。
 続いて、韓半島が分断に至った経緯を歴史的な経過を具体的に解説しながら、現在抱えている問題点を指摘し、最後に今天運が来ているので、それに乗って南北平和統一を実現していこうと訴えた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...
  2. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  3. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  4. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  5. サムルノリ
    文鮮明総裁の聖地決定50周年記念特別祝賀会が1月28日北北海道で行われ、鄭會喆事務局長がサムルノリを...