記事一覧

この時代の平和統一は遼遠となるのか


 

この時代の平和統一は遼遠となるのか

金源植 平和統一聯合中央本部事務総長

 

大韓民国が、今、ひどい疲労感にさいなまれている。朴槿恵前大統領の弾劾以後、裁判の過程で、進歩と保守の考えの相違、韓中関係でのサードの問題による摩擦、北韓の核実験以後、トランプと金正恩の言葉の爆弾の中に、私たちの祖国のスタンスが、曖昧になった。

祖国は、今、政権をかえ、積弊清算の論難の終わりがなくなっている。お互い告発しあうことで、国益のために守るべき国家機密や、企業高級秘密が、他国に流出する場合もあるようだ。一方では、友邦国である、アメリカと日本の関係が遠くなっていっているように思う。半面、北韓との関係は、対話を乞い続け、北韓からはっきりとした歓迎も受けられない祖国の現実が、もどかしくてたまらない。

我が国も、“内部で争い滅んだ中国王朝”のようにならないかと心配になる。晋は、皇帝の無能さと皇后の政権欲が、“8王の乱”という内乱を起こし、宋は、クボプ党(保守派)とシンボプ党(改革派)の党争で政権が変わるたびに、相手側を“奸党”として烙印を押す“過去史清算”をして、明は、ドンリム党とオム党(宦官)の20年党争で、国家安保を失い滅んでいった。

このような面で考えてみると、鄭周永会長が、企業を興すことは、むしろ国家があるからこそだと、言われた。そして、マルハン韓昌祐会長も、国籍は、運転免許証のようであるが、韓民族は永遠だと言われた。このような考え方が、企業を興し、祖国を助けるようになったのだ。

このように見ると、高句麗歴史を中心に、民族の自尊感と正体性をえがく小説家、金辰明(キム・ジンミョン)氏が、予言という小説を出版し韓国で話題になっている。この小説の核心は、KAL機被撃事件について、世界平和統一家庭連合の創始者、文鮮明総裁が生前、ソ連書記長ゴルバチョフと、金日成主席の出会いが、一つの軸をなしている。

この小説の主人公である、文鮮明総裁が残した言葉の中で、編集された本が一つある。『神様の摂理からみた南北統一』というこの本は、総8章で構成されていて、神様が、ご覧になる大韓民国と共産主義と民主主義についての代案と、人類が行くべき道は、為に生きる道だと知らせている本である。今日のように、思想や主義や価値観が、無秩序と混沌の中にある時代には、文鮮明総裁が残した言葉が、どれほど尊い資産かと考えが及ぶ。筆者は、読者の皆様に、あえて申し上げたいのは、この本を読んでいただき、国難を克服する知恵を為政者たちに知らせながら、平和統一が遼遠になっているこの時に、平和統一のために、一つ一つ、実践していかれることを願うものである。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  2. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  3. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。
  4. 2019.6.13

    引きこもりという過去・現在・未来

     引きこもりという過去・現在・未来 最近、高齢者による交通事故や50代になっても社会から隔絶し...
  5. 東京都本部総会

    2019.6.12

    【東京】東京都本部総会 支部で会長人事

    東京都本部は6月9日、東京新宿区の成約ビルで結成14周年も祝しながら、総会を開催。