記事一覧

【福岡】「恨」の世界観から、韓日の未来を考える


講演会
第12連合会は、4月19日北九州・八幡の会場で韓成煥先生を迎え、「在日韓国人の恨と韓日の未来」と題して、講演会を開催。会員ら約20人が参加し、講演会と懇親会を持った。
韓先生は講演の中で「恨」の意味を説明。韓先生によれば「恨」は「大きい」「一番」「無限大」「真ん中」「すべてを統合」であるとし、怨みで復讐することではなく、怨みを越えて共に生きていくことがよいと説明した。平和統一聯合創設者である文鮮明総裁は、民族、国家を超えて愛された方であるので、韓民族だけの南北統一だけではなく、世界平和につながる統一にならなければならないと強調した。
参加者からは「在日の心情の世界を具体的に知って、大きな感動を受けた」「恨の意味がわかってよかった」と感想が述べられた。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...