記事一覧

【福岡】「恨」の世界観から、韓日の未来を考える

講演会
第12連合会は、4月19日北九州・八幡の会場で韓成煥先生を迎え、「在日韓国人の恨と韓日の未来」と題して、講演会を開催。会員ら約20人が参加し、講演会と懇親会を持った。
韓先生は講演の中で「恨」の意味を説明。韓先生によれば「恨」は「大きい」「一番」「無限大」「真ん中」「すべてを統合」であるとし、怨みで復讐することではなく、怨みを越えて共に生きていくことがよいと説明した。平和統一聯合創設者である文鮮明総裁は、民族、国家を超えて愛された方であるので、韓民族だけの南北統一だけではなく、世界平和につながる統一にならなければならないと強調した。
参加者からは「在日の心情の世界を具体的に知って、大きな感動を受けた」「恨の意味がわかってよかった」と感想が述べられた。

LINEで送る
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア

関連記事

ピックアップ記事

  1. FPU新年会議2015
    第11連合会は、2015年の第1回目の定例会議を1月15日に開催。
  2. 第11連合新春講演会
    真冬の寒さ厳しい1月20日広島市で第11連合会主催の新春講演会が、山口県からの代表も迎えて、開催され...
  3. 3連合韓国婦人新年会
    平和統一運動の最前線で活動する第3連合の韓国婦人会による新年会が1月25日婦人会員ら27人と五十嵐政...
  4. 沈壽官の第15代当主
    韓日歴史・文化フォーラムが主催の「10周年記念特別講演会」が1月24日愛知韓国人会館5階大ホールにて...
  5. 趙明哲議員ら
    1月21日、趙明哲議員らが3泊4日のスケジュールで佐賀県唐津の日韓トンネル調査斜坑現場の視察を初めと...