記事一覧

【福岡】「恨」の世界観から、韓日の未来を考える


講演会
第12連合会は、4月19日北九州・八幡の会場で韓成煥先生を迎え、「在日韓国人の恨と韓日の未来」と題して、講演会を開催。会員ら約20人が参加し、講演会と懇親会を持った。
韓先生は講演の中で「恨」の意味を説明。韓先生によれば「恨」は「大きい」「一番」「無限大」「真ん中」「すべてを統合」であるとし、怨みで復讐することではなく、怨みを越えて共に生きていくことがよいと説明した。平和統一聯合創設者である文鮮明総裁は、民族、国家を超えて愛された方であるので、韓民族だけの南北統一だけではなく、世界平和につながる統一にならなければならないと強調した。
参加者からは「在日の心情の世界を具体的に知って、大きな感動を受けた」「恨の意味がわかってよかった」と感想が述べられた。


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...