記事一覧

【福岡】「恨」の世界観から、韓日の未来を考える


講演会
第12連合会は、4月19日北九州・八幡の会場で韓成煥先生を迎え、「在日韓国人の恨と韓日の未来」と題して、講演会を開催。会員ら約20人が参加し、講演会と懇親会を持った。
韓先生は講演の中で「恨」の意味を説明。韓先生によれば「恨」は「大きい」「一番」「無限大」「真ん中」「すべてを統合」であるとし、怨みで復讐することではなく、怨みを越えて共に生きていくことがよいと説明した。平和統一聯合創設者である文鮮明総裁は、民族、国家を超えて愛された方であるので、韓民族だけの南北統一だけではなく、世界平和につながる統一にならなければならないと強調した。
参加者からは「在日の心情の世界を具体的に知って、大きな感動を受けた」「恨の意味がわかってよかった」と感想が述べられた。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...
  2. 世界日報の記者との勉強会

    2018.5.17

    【北関東】世界日報記者との勉強会「LGBTが問うもの。宗教と科学の狭間で考える」

    5月13日、平和統一聯合北関東エリア(茨木、群馬、埼玉、栃木)で活動する担当者の...
  3. アジアリーダース授賞式

    2018.5.15

    アジア共同体に貢献「第4回 Asia Leaders Award」協力

    政治、経済、社会、文化等でアジア共同体形成・平和活動に貢献した個人・団体を表彰す...
  4. 九州での啓蒙活動

    2018.5.14

    【九州】平和統一とピースロード啓蒙、林会長「今年は韓国へも行こう!」

    南北首脳会談を受けて、韓半島(朝鮮半島)融和ムード、統一ムードが高まっているなかで、これまで応援して...
  5. 豊田・集会参加者と共に

    2018.5.14

    【東愛知】孝情は東愛知から、共に平和統一を

    世界平和統一家庭連合の東愛知教区豊田家庭教会からの招請を受け、5月12日金源植平和統一聯合中央本...