記事一覧

「神」の読み方が「火(か)」と「水(み)」と言われる理由の一つ

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.12.1)

「「神」の読み方が「火(か)」と「水(み)」と言われる理由の一つ」

天に昇る「火」と地に下る「水」が天地を司る神と称して、「神」を「かみ」と読ませたのかもしれないと最近強く思う出来事が多々起こっている。「地震・雷・火事・親父」とは、昔より日本の中で恐れられている存在であった。(最後の親父は久しく恐れられる存在から遠ざかっているようだが)地震も最近頻繁に起こっているし、火山の爆発なども天災としていつどこで起こるかもしれない恐怖がある。しかし、その恐れの中には入ってないが「水」の存在が恐怖としてクローズアップされた事故が福岡で起こった。

地下鉄延長工事の途中水漏れによる陥没事故である。脆くも都市機能を麻痺させる大事故が発生したのだ。あっという間の出来事であり、「水」の存在が改めて侮れないと感じさせられた出来事だった。津波による恐ろしさは東日本大地震で痛感したが、水は水滴でも岩盤を貫く忍耐強さも持っている。火が親父だとすれば、水は母親かもしれない。弱そうで、しかし強い。色々な形にも対応する柔軟さも持っているが、一旦力を持ったら止められない。火と水が天地の父母ならば荒ぶるらせないように良く祈ろうと思った。


関連記事

ピックアップ記事

  1. キリシタン

    2018.8.21

    隠れキリシタンのこと

    このほど日本の長崎と天草地方の潜伏キリシタン遺産(長崎、熊本県)が、ユネスコの世...
  2. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  3. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  4. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  5. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...