記事一覧

「神」の読み方が「火(か)」と「水(み)」と言われる理由の一つ

福チュモニ

福ちゃんの福チュモニ(2016.12.1)

「「神」の読み方が「火(か)」と「水(み)」と言われる理由の一つ」

天に昇る「火」と地に下る「水」が天地を司る神と称して、「神」を「かみ」と読ませたのかもしれないと最近強く思う出来事が多々起こっている。「地震・雷・火事・親父」とは、昔より日本の中で恐れられている存在であった。(最後の親父は久しく恐れられる存在から遠ざかっているようだが)地震も最近頻繁に起こっているし、火山の爆発なども天災としていつどこで起こるかもしれない恐怖がある。しかし、その恐れの中には入ってないが「水」の存在が恐怖としてクローズアップされた事故が福岡で起こった。

地下鉄延長工事の途中水漏れによる陥没事故である。脆くも都市機能を麻痺させる大事故が発生したのだ。あっという間の出来事であり、「水」の存在が改めて侮れないと感じさせられた出来事だった。津波による恐ろしさは東日本大地震で痛感したが、水は水滴でも岩盤を貫く忍耐強さも持っている。火が親父だとすれば、水は母親かもしれない。弱そうで、しかし強い。色々な形にも対応する柔軟さも持っているが、一旦力を持ったら止められない。火と水が天地の父母ならば荒ぶるらせないように良く祈ろうと思った。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。