記事一覧

FPU愛知 韓国婦人会 老人デイサービスセンターを慰問


 7月16日(水)愛知県内の日韓カップルの婦人会メンバーが、名古屋市北区内の老人デイサービスセンターを慰問。全員おそろいのチョゴリに着替え、「アリラン」「トラジ」など韓国民謡や日本の歌「ふるさと」を合唱し、大歓迎を受けた。
チョゴリ
 中には、戦前に朝鮮半島とのゆかりも深く、ハングルもわかると言って涙を流して聞いている方や、昔、戦死した親友が「トラジ」をいつも口ずさんでいたと言って目をつぶってうなずきながら聞いているお年寄りの姿も見られた。
懇親会
合唱を披露した後、テーブルに別れて婦人会とお年寄りとの懇親会が開かれ、「是非もう一度来てくださいね。」「大変楽しかった。」等の感想が寄せられた。
(記・木村光宏)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。