記事一覧

黄七福自叙伝「光州事件のこと」/「全斗煥大統領のこと」


 

黄七福自叙伝67

「ああ祖国よ 我れ平壌で叫ぶ時 祖国は統一」

 

第5章 在日同胞の将来を考えつつ

光州事件のこと

光州事件のとき、大統領は崔圭和だった。全斗煥が中央情報部長で、保安司令部司令官を兼任していた。情報部の秘書室長が許文道、次長が金某で、学者タイプの陸軍大将だった。

そのとき、全斗煥司令官が、日本から李熙健、韓禄春、私、関東の朴成準の四人を招待してくれた。私たちは五億円を献金した。生まれてはじめて、情報部から楽議案を出してもらい、光州へ視察にいった。

私は、光州に生まれてはじめて足を踏み入れた。そこは将校訓練所で、芝生がずうっと広がり、光州地域の将校や知事らも招待されていて、午餐会が開かれた。

ある人から「金大中先生は、なんで日本ではアカ(共産主義者)だというのか」という質問が出た。

私に質問があったので、江原道人の私が言うより全羅道人の朴成準が言うほうが効果的だと思い、「私より朴成準のほうがよく知っている」と振った。

朴成準は、こうこうで、アカに見えたし、「民団には一歩も踏み入れもしなかった」と答えた。

終わった後、朴成準は私に向かって「死ねということか」と目をむいていた。

 

全斗煥大統領のこと

全斗煥政権下になって、光州事件とかいろいろあったが、統制がとれたし、治安もよく、夜中でも娘が裏通りを一人で歩いても安全だった。

貿易も順調だった。自由と権利は悪いことではないが、社会が整理整頓されて、統制がとれてはじめて国家らしい国家になる。治安が乱れると、そこに住んでいる国民が悲惨だ。

一九八〇年に民主正義党が結成された。略称は「民正党」である。

「社会正義を具現する」という全斗煥の考えを反映した党名で、実際に、多数のやくざ者やホームレス、非行少年が強制収容所に送られた。

民正党の結成大会にも私も招待された。

民正党の結成実務を担当したのが李鍾賛で、中央情報部次長だったが、全斗煥に抜擢されて政界入りした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  2. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  3. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  4. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。
  5. 2019.3.1

    3・1独立闘争100周年を迎えて

    3・1独立闘争100周年を迎えて卞宰洙[I] 3・1独立闘争の経緯と意義・...