記事一覧

谷先生の健康講座8


 

아버지の健康法(2)

 顔を洗うとき、水で目から洗ってあげます。きれいに手を洗い、目を洗ってあげるのです。目を洗ってあげ、そっと押しながら運動をしてあげるのです。このようにすれば、目覚めた時より爽快です。運動したので、意識がはっきりします。そのようにしてからどこかを見つめれば、違うのです。焦点が合います。

 鼻も同じです。水で目を掃除し、次に鼻を掃除してあげます。このように(親指と人差し指で)鼻をつかんで、「フッ」と空気を吹くのです。

 その次に、喉の運動をします。一生の間、話をたくさんしたからです。目から鼻と喉は、通じている器官です。そのためには、呼吸をしながら運動するのです。短くして、このように運動をすれば、喉がかれても、ほぐれます。

真の父母経 1546ページ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。