記事一覧

親しまれる韓国料理


趙善玉会長4 月10 日から23 日に韓国文化院ギャラリーMI で韓国料理体験プログラム・韓国料理に関する講演会・料理教室が開催され、中央本部からも2名が参加いたしました。
日韓農水産食文化協会の趙善玉会長が講師を務め、「韓国料理はどうやって日本に定着したか」をテーマにパワーポイント使いながら、約1時間の講演が行われました。趙先生は、まず韓国料理の歴史を三国時代、朝鮮王朝時代、現代に分けて詳しく説明しました。
続いて日本の韓国料理に着眼を置き、キムチ、サムゲタン、チヂミ、スンドゥブ、サムギョプサル、チャプチェなど日本人に人気の韓国料理を説明し、日本の食卓に韓国料理が並ぶことを夢見ながら、京野菜でキムチを、どこでも買える野菜でビビンパを作る内容を紹介しました。続いて、趙先生が最も伝えたい3点「韓国料理は医食同源」「相手を思いやって作る韓国料理」「韓国食の礼儀」について語られました。
その後、参加した客から希望者を選び、韓国の餅つきを体験しました。「ヨッシャ、ヨッシャ」という掛け声が飛び交い、リズム感あふれる餅つきでした。
「韓国料理の基本を知って、自分の国の料理の一つ一つに意味がある事を再確認し、もっと楽しく韓国料理を作りたい」と参加者した姜京姫婦人会長は感想を述べました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。