記事一覧

西愛知地区2月度ひまわり会レポート


 2月26日(火)名古屋市富田北地域センターにおいて、愛知県西部在住の韓国から国際結婚でお嫁に来た婦人達を中心とした、2月度ひまわり会を開催。朝鮮王朝最後の皇太子、李垠殿下と日本の皇室から初めて外国の王室へ嫁いだ、方子妃をモデルにした「虹を架ける王妃」の映画上映会を行った。在日コリアン、ニューカマー、日本人等13名が参加。
 上映後、懇親会では、「国の主役は人民であり、王室という特別な立場に対しては、現在、人によっていろいろな意見があると思うが、李殿下と方子妃の夫婦愛の素晴らしさ描いた素晴らしい映画だった。」(在日2世 70歳男性) 「心打たれる映画でした。もっとたくさんの他の人達にも観ていただきたい。と思いました。」(在日2世65歳女性)等の感想が述べられた。
(記・木村光宏)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。