記事一覧

第9連合 韓国の新聞記者と共に歴史を学ぶ


歴史を学ぶ

 

統一日報編集長の紹介で、韓国から派遣された東亜日報国際担当者と第9連合曺按壽事務局長らが、5 月20 日、天王寺や朝鮮通信使の足跡を辿りながら歴史を学ぶ時間を持ち、東亜日報の記者は、曺事務局長の流暢な通訳とサービスに対して深く感謝しました。

 

 

現在の大阪府北西部と兵庫県南東部は、かつて摂津国(せっつのくに)と呼ばれ、その摂津国のなかに百済郡(くだらのこおり)が存在していました。その背景は、百済の王子が来日したことが大きく関与しています。朝鮮半島の内部分裂と白村江の戦いによって、故郷を亡くした善光が渡来人として定住せざるを得なくなり、当時の日本は百済からの難民を、どのような理由にも係わらず積極的に受け入れ、なるべく一箇所に集めて居住させ、そのため半島の係わりのある地名が使われるようになりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。