記事一覧

第15連合会 京都・今年の方針は「韓国文化普及」


 

一般社団法人訓民正音グローバル協会が開催する検定試験の合格目指して、梁善恵先生から毎週木曜日(中級講座)と土曜日(初級講座)を1時間半の授業が行われています。5年目を迎えるこの講座の生徒さんたちは驚くほど上達されています。

また、第2回サムルノリハンマダン(10月15日広島にて開催)の出場を目指して、サムルノリの練習を行っています。日本文化の中心である京都において、サムルノリを学ぶことは日韓友好を推進している本連合として有意義であり、4月から練習を継続しています。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...