記事一覧

第12連合会 からくに、宗像に託されたものを求めて 歴史探訪


「海の道、神宿る島、祈りの道」(主催:Peace History Road 実行委員会)と題して4~7世紀に韓国との中心的役割を担った宗像を訪ねる歴史探訪が3月28日に開催され、関係者ら24人が参加した。参加者一行は、宗像市周辺と宮地獄神社、新原・奴山遺跡などを巡り、海の道むなかた館の西谷正館長や福津市観光協会ボランティアガイドの永松春一氏などから歴史の説明を受けた。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。