記事一覧

第9連合会 京都鼻(耳)塚を考える会 代表と会合


第9連合会の曺按壽事務局長を中心とした6人が、2月18日京都鼻(耳)塚を考える会・裵今漢代表の自宅を訪問し、故郷の話や近況を話しあいながら、統一に対する現在の情勢について語り合いました。
裵代表からはお餅や焼き芋、冬場の名物トンチミ(水キムチの一種)が振舞われ、懐かしい雰囲気の中で歓談が行われました。裵代表は長年、平和統一を目指し勉強を重ね努力してきましたが、現在、祖国がますます厳しい状況になっている事に失望していることを吐露されました。
曺事務局長はそのことを踏まえた上で、これまで行ってきた講演会の「南北統一の外交と経済政策」についてのDVDを紹介しました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...