記事一覧

第8連合会 ハングル勉強会で徳野顧問の 韓国語学習について聞く


日韓の友好を目指す第8連合会の愛知県名城支部では、3月19日にハングル勉強会と南北勉強会が行われ、関係者らが10人参加しました。会では、2月に韓国で行われた文鮮明・韓鶴子総裁の聖誕祭に関する韓国のマスコミの情報や徳野英治中央本部常任顧問が韓国の週刊誌『週刊京郷』から取材を受け、通訳なしで語った内容などが紹介されました。
そのインタビュー記事は、徳野常任顧問が「文鮮明・韓鶴子総裁が『他国を愛するためには、一番先にその国の言語を学び、その国の文化、芸術、歴史を理解するのが基本である』と強調されたので、その教えを実現するために努力しました。それで47歳の時に韓国語の学習を始めて、鮮文大学に留学してまで勉強しました」と回答したことや、韓流ドラマが韓国文化を理解する上で大きく役に立ったこと、孝・烈・忠などの道徳的・倫理的深さを韓国文化に感じ、尊敬心を持つことができるようになったことを紹介するものでした。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...