記事一覧

第8連合会 韓国婦人会と共に滋賀県百済寺歴史探訪


日韓国交正常化50周年を記念し、第8連合会と韓国婦人会は11月11日歴史探訪を開催し、会員ら17人が参加。滋賀県の天台宗 湖東三山 釈迦山 百済寺と臨済宗永源寺派 大本山 永源寺を巡りました。

滋賀県百済寺歴史探訪

百済寺の縁起書によれば、慧慈と共に湖東の地に来られた聖徳太子が八日市の町で投宿されていると東の山中に毎夜、目出度い兆の不思議な光が現れ、その地に行くと光明を放つ杉の巨木があり、一群の猿が木の実をお供えしていたと言います。そしてこの巨木の上半分が百済に運ばれて「龍雲寺」の本尊になり、下半分が太子らによって606年10月21日から十一面観世音菩薩像が彫られました。
参加した一行は、澄み切った秋の空の下、日韓交流の原点となる地を散策し、自然豊かな庭園風景を味わいました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...