記事一覧

第8連合会 日本と韓国の比較文化論を学ぶ


藤田小百合さん

藤田小百合さん 韓国の人気スター。韓国のレギュラー番組だけでも5~6番組を超える。東京都出身の日本人。

 

豊田支部は、韓国と日本の相互理解を深めようと、韓国TVで活躍している藤田小百合さんの「火の国、韓国と水の国、日本」の題材をテーマに比較文化論を学ぶ「東愛知勉強会」を4月19日に開催し、関係者ら6名が参加しました。
勉強会では参加者がそれぞれ経験してきた内容を述べ、相互理解のための話し合いの時間を持ち、長所と短所を見つめ、視野を広めることができました。
参加した在日三世の方は「韓国との試合になったら自分は韓国より、ついつい日本を応援してしまう。3世になってくると兄弟の中にも帰化者が出てしまい、友達の中にも帰化者が増えている」とし、「世の中に火が必要であれば、また水も必要であるように、火のような韓国人も水のような日本人も必要だ」と意見を述べました。一方、「韓国人がものをはっきり言うのは国柄なのでそれは仕方がないが、相手を見ながら言ってこそ通じ合うのではないか」という提案や、「韓国人と日本人を合わせて割る2にしたら丁度良いのではないか」というような冗談話もありました。司会役を務める事務局長は「このような内容を踏まえて活動を進め、日韓親善や南北の平和、さらに統一に向かっていきましょう」と締めくくりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...
  2. 2018.10.16

    2018年 韓日・日韓家庭特別集会 韓日一体化の模範となる家庭を

    南北首脳会談によって、北と南が急激的に近づいている情勢の中、10月11日済州島で...
  3. 歌

    2018.10.10

    音楽という言葉・身体・意味

    かつて、ラジオ番組で、よく聞いていたのが歌謡曲の番組だった。
  4. コラム

    2018.9.27

    自国と他国の比較文化論

    日本人は外国から自分たちがどう見られているのか、常に気にしているようだ。
  5. 日韓交流おまつり2018

    2018.9.25

    日韓交流おまつり 2018 in Tokyo レッツエンジョイコリアンカルチャー

    9月22~23日、今年10周年を迎える「日韓交流おまつり 2018 in Tok...