記事一覧

第8連合会 事務局長、日韓国交正常化50周年記念シンポジウムに参加


世界の中、アジアの中の日本と韓国~良き隣人として共に歩 むために

世界の中、アジアの中の日本と韓国~良き隣人として共に歩むために

名古屋日韓親善協会主催の日韓国交正常化50周年記念シンポジウム「世界の中、アジアの中の日本と韓国~良き隣人として共に歩むために」が7月11日に名古屋国際センター第一会議室で行われ、事務局長が参加
しました。
基調講演で小倉紀蔵(京都大学教授)氏は、「今の日韓関係はどういう段階なのか? 今までのように、交流・親善・友好を唱えていれば済む時代ではなくなったのではないか?」と問題提起し、「市民・民主主義・法治は、日本と韓国でどう違うのか」「韓国人の市民意識」「民主主義や法治について」などをテーマに語り、2014年11月24日にソウル大学で講演した内容の一部を引用しながら、「日韓両国は歴史問題に関して、世界のどこもができなかった取り組みを協同で地道に行ってきた立派な国家である」と主張しました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。