記事一覧

第8連合 金龍鐘氏の「我が哲学人生50年」を聴く


第8連合の事務局長は5月13日、韓国人経友会事務局長を7年間務められ、精神・人文科学と自然科学を総合的に研究する金龍鐘氏を訪ね、金氏の人生について伺いました。

金龍鐘氏は1935年大阪生まれで、太平洋戦争と朝鮮動乱による翻弄された時代を過しました。小学生の時に猛勉強して、問題児から優等生に変身し、その後は真理探究の道を生涯貫くようになりました。早稲田大学入学式の時、御両親が韓国民族衣装を着て一緒に撮った記念写真が珍しいということで当時の全国最大の受験雑誌「蛍雪時代」に掲載され、全国に知られたエピソードをお持ちです。また1965年頃の「北朝鮮への自由往来の運動」にも関わり尽力されたそうです。金氏は現代物理学と哲学、そしてバイブルについても言及され、とても学識の高いお話しをされました。
お話しを伺った劉事務局長は「植民地と宗主国の2つの国を共に抱え、調和より葛藤が多い中で、生涯、南北統一に関心を持ち、真理探究を続けてきた生涯。現実の様々な問題が凝縮されて一人の在日の生涯に見ることができる」とし、「民族と世界が抱える様々な難問題を生涯背負われたと言ったら大げさな言い方になるだろうか?」と感想を述べています。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。