記事一覧

第5連合  元駐日大使館公使を講師に迎え、月例セミナー開催


東京月例セミナー

第5連合会(東京)は、5月30日元駐日大使館公使、統一日報の論説主幹を務める洪熒(ホン・ヒョン)氏を迎え、「日韓国交正常化50年と東アジアの未来」と題して、渋谷の会場で月例セミナーを開催し、会員ら32 人が参加しました。
洪氏は、「韓国の人は戦争していると認識している人が少ないのが現実」とし、30年間務めた国防部や外交部の体験から、「韓国の役人の役目は戦争に勝つこと」と主張し、自由民主主義と経済面の分析から「日本と韓国は、尊敬すべき国同士であるにも関わらず、こういうことを認識しないで争うのは教養のない愚かな人」と述べ、日韓の葛藤がなぜ解消しないかを感情問題ではなく、スパイによるものと主張しました。
続いて光州事件について言及。「光州事件は北朝鮮が特殊部隊を送って暴動化を誘導したことは、現代史研究者たちによって証明された。暴動を『民主化運動』と主張してきた側は、何一つ科学的に反論できずにいる」と主張しました。
参加者たちは、このセミナーを通じて、元駐日大使館公使や大韓民国国防部の視点を学ぶ良い機会となりました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020.1.17

    ネットに乱立する動画ユーチューブの光と影

     昨年末あたりから、突然、左足が痛み、関節炎かどうかわからないが、歩行がかなり困難に...
  2. 2019.12.31

    2020年 新年挨拶

    2020年、次の波を作りましょう!平和統一聯合中央本部 会長 金榮翯 初春の候、新春の...
  3. 2019.12.18

    平和な治世の象徴である麒麟と明智光秀

     2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は、戦国時代の武将・明智光秀。
  4. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  5. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...