記事一覧

第5連合会 植民地時代の在日の暮らしを学ぶ(東京同胞支部)

在日韓人歴史資料館

笹原谷彦東京同胞支部長らは、10月22日在日韓人歴史資料館を尋ね、植民地時代からの在日の暮らしを学びました。展示物には、植民地時代の在日の生活様式や指紋押捺反対運動のための日本縦断自転車隊の衣装、新羅仏教全盛時の771年に完成した梵鐘のレプリカなどがあります。また、特設コーナーには「日本における韓国独立運動と日本人」特別企画展(主催:独立記念館、国家報勲処、在日韓人歴史資料館)が9月29日~10月28日の期間で開催されており、日本において展開された韓国独立運動とこれを助けた日本人たちが紹介されています。
笹原支部長は、当時、川崎に住んでいた在日同胞たちの写真を見ながら、差別や偏見が強かった時代に暮らした方々へ思いを馳せ、日韓両国の親善、在日同胞の和合、韓半島平和統一への誓いを新たにしました。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018.8.6

    韓鶴子総裁の平壌訪問を期待

    私が、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創始者文鮮明師に強い関心を抱いたのは、...
  2. UN合唱団

    2018.8.3

    少年少女の健気な姿も 日韓中友好のUN合唱団を鑑賞

    韓国少年少女合唱団 未来へのメッセージに参加7月23日、「韓国少年少女合唱団」公...
  3. 2018.7.4

    ここが知りたい! 韓国と北朝鮮の言葉の違い サッカー用語

    はじめにアンニョンハセヨ? 最近は、ロシアで開催されている国際サッカー連盟のFI...
  4. デュオリサイタルに参加して

    2018.6.18

    一枚の絵画を鑑賞しているようなクラシックコンサートを鑑賞

    禹藝珠、朴知利によるデュオ・リサイタルに参加、横浜博物館6月17日、禹藝珠(ウ・イエジュ)、...
  5. 第97回超宗教フォーラム

    2018.5.18

    【本部】第97回超宗教フォーラム参加、自然を守る超宗教

    5月17日、「平和構築に対する宗教者の責任III」というテーマで「第97回超宗教...