記事一覧

第3連合会 南北統一を願い「高句麗・百済・新羅」の和合統一の祝詞を奏上


 「高句麗・百済・新羅」の背景を持つ在日コリアン、日本人らが1つになって南北統一を祈願しようと、3月31日埼玉県日高市の高麗神社、聖天院で「和合統一式」(主催:平和統一聯合第3連合会 協力:高麗神社)が開催され、金榮翯会長ご夫妻、新田鍾大元新潟県会長らが参拝し、高麗神社宮司による「和合統一」を祈願する祝詞が奏上されました。
 宮司よれば「1990年代までは、南北統一の祈願をする人がいたが、最近はめっきり少なくなり、2008年以降はいなくなった」と言います。脱北者の増加や李明博政権移行の日韓関係が影響していることは間違いないでしょう。参加者からは「和合統一を祈願するには良い時期であり、高麗神社で祈願できたことで心がすっきりした」と感想が寄せられました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.2.19

    言葉の持つ背景

    言葉の持つ背景 私は東北の福島県生まれだが、東京に上京してから昔は時々、東北弁をか...
  2. 2019.1.17

    遊びの中の民族精神

     最近、将棋界や囲碁界で、若き天才と呼ばれるような棋士...
  3. 2018.12.18

    オリンピック精神と平和

     2019年のNHKの大河ドラマは、通常の歴史的な人物に焦点を合わせたものではなく、202...
  4. 2018.11.20

    サムルノリ演奏で日韓親善 熱海梅園で日韓の架け橋を

    「日韓パートナーシップ宣言」から20周年を記念し、韓国伝統楽器演奏による「第4回...
  5. 2018.11.3

    【岡山県】京都歴史探訪バスツアー

    去る9月29日、平和統一聯合岡山県本部では、結成13周年記念行事として、台風24号の襲来から遠ざかる...