記事一覧

第16連合 日本と韓国の新しい50年の友好に向けた ハーモニーを目指して


日韓国交正常化50 周年記念クラシック コンサート

駐神戸大韓民国総領事館と神戸市が主催する「日韓国交正常化50 周年記念クラシックコンサート」が5月16日神戸新聞松形ホールにおいて開催され、FPU兵庫の文聖純会長代行と会員数名が参加する中で約700人が音楽の調べを楽しみました。
コンサートは、バークリー音楽院を卒業後、90年からニューヨークで本格的な音楽活動を開始し、記録映画「セイブ、レインフォレスト」の音楽監督としてグラミー賞にもノミネートされた吉田次郎氏と韓国若手実力派の演奏家で構成されたプロのアンサンブル演奏団 Joy of Strings による二部構成。
参加した文会長代行は、「クラシック楽器によるアリラン(韓国民謡)を聴き、心から感動しました」と感想を述べ、李成権総領事は、「この演奏が日韓関係に美しいハーモニーを織り成す契機になればいい」と述べました。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。