記事一覧

第14回 韓国朝鮮人無縁仏之霊追悼法要 参加


<第14回 韓国朝鮮人無縁仏之霊追悼法要(相生平和記念碑を守る会主催)>

『望郷の丘に無縁仏の同胞をしのぶ』
 秋が深まりゆく十一月初旬、私たちは、兵庫、岡山県堺の相生市で行われた韓国・朝鮮人 無縁仏追悼慰霊祭に参加しました。被葬者は在日の解放されるまで、日本の植民地政策によって故郷を離れ、命を落とした人々です。慰霊碑に安置された骨壷に向かってタヒャンサリ(他郷暮らし)の歌詞を手向けました。歌の向こうは海峡の響きがします。韓半島のどの地からでしょうか、被葬者もきっと口ずさんだに違いありません。
♪タヒャンサリ幾とせぞ 指折り数えれば
 故郷いで 十余年 青春は老いぬ。♬
望郷の念が悲しくひしひしと伝わってきました。無常な歳月の流れの中で薄らいでゆき忘れ去られようとしている異国の地で、再び故郷の土を踏むことなく亡くなった人々を私たちはもう一度見つめ直しました。

【第7連合会ホームページより】


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019.11.18

    北原白秋と金素雲の交流

      北原白秋というと、童謡の「からたちの花」「この道」「ペチカ」などを思い出す。
  2. 2019.10.23

    神に魅入られたシャーマン

     神に魅入られたシャーマン 民俗学者の谷川健一に、『神に追われて』(2000年、新潮社)という...
  3. 2019.9.19

    400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん

     400年前の渡来人の子孫・沈寿官さん 今年の6月に亡くなった薩摩焼の陶芸家の第14代沈寿官さ...
  4. 2019.9.5

    平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記

     平和統一聯合創設15周年記念式典参観の記辛英尚(文芸評論家) 平和統一聯合創設15周年記念...
  5. 2019.7.13

    都会生活の中で見出す自然と心の風景

     都会生活の中で見出す自然と心の風景 東京という都会に住んでから、もう半世紀近くなる。