「平和統一聯合創設1周年記念大会・統一祈願祭」(2005年7月)
南北平和統一と民族和合を念願して、鳩を放つ参加者たち

 

「平和統一聯合創設1周年記念大会・統一祈願祭」

2005年7月13日、韓国ソウルで開催された「第2回総心情同族圏平和統一大会」に参加していた民団系と朝鮮総連系の代表者2200人は、翌14日午後、京畿道坡州市臨津閣を訪ね、漢民族の和合統一を目指し「平和統一聯合創設1周年記念大会・統一祈願祭」を行った。

劉正玉・同聯合常任顧問(当時)は開会の辞で「国境線のない在日同胞の和合統一なくして祖国の統一は期待できません。東アジアのすべての国につながる歴史的、心情的な関係を持っている在日同胞は、東アジアの平和大使としての役割を果たすことができます」と語り、日韓海底トンネル構想や国際平和高速道路計画を支援し、東アジアの平和共同体を実現させる必要性を強調した。

その後、民団系と朝鮮総連系の青年が、①真の愛の実践、②祖国統一と民族和合に向けた海外同胞の力を結集―などを誓う決意文を読み上げた。

ピックアップ記事

  1. 2019.5.10

    芸術家における人間性の光と闇

     芸術家における人間性の光と闇  文芸評論家の小林秀雄が、同時代の文学者などの評価について語...
  2. 2019.4.23

    【広島】セミナーを復習し、力に

    過去に朝鮮半島問題に詳しい専門家を招いたセミナー映像を復習する形で、「韓半島平和統一を考えるセミ...
  3. 2019.4.23

    【九州】朝鮮通信使の善隣友好に思いをはせて

    「相島!春フェスタ」(共催:相島ドリームワークス、若潮の会、相島桜槿会、相島歴史の会)が4月20日...
  4. 2019.4.19

    花見というリフレッシュ

     もう桜の花の時期が終わりかけたところもあるだろうが、これからという地域もあるだろう。
  5. 2019.3.11

    身体感覚と老化現象

     高齢者と呼ばれる年齢になると、身体の不調を嫌でも知らされる。